「システム」とは

我々は普段,「システム」という言葉を何気なく使っていますが,その意味を説明できますか?

分かりやすく言うと,「複数の物や機能が組み合わさって出来上がっている仕組み」のことです。

例えば「自転車」は,ペダル,チェーン,タイヤ,ブレーキ,ハンドル,サドル,フレーム,ベル,ライト,荷台… それぞれ異なる役割を持った複数の部品で構成される一つの「システム」です。 当然,自動車,電車なども,それぞれが一つの「システム」と言えます。

「自転車」というシステムは多くの部品(=サブシステム)から構成されています.

私たちの住む街に目を向けると,自動車や電車,自転車,歩行者などの多様なシステムが,事故なく円滑に移動できるように,道路や線路,橋やトンネルが整備され,また,その流れを制御するために信号機や遮断機などが設置されています。 このような複数のシステムからなる交通網もまた,交通システムという名の「システム」となっています。

このような,広大な交通システムの中を効率的に移動するための道案内をしてくれるものが,ナビゲーション「システム」です。 ナビゲーションシステムは,現在位置を教えてくれるGPS衛星,膨大な交通網データが蓄積されているデータベース,またデータベースの中から短時間で最短経路を探し出すプログラム,最短経路をわかりやすく表示するためのディスプレイなどで構成される,まさに「手元」から「都市全体」,「地球全体」,そして「宇宙」にまたがる巨大なシステムであるといえます。

もちろん,「システム」は交通に限った話ではありません。 例えば,製品を製造する工場,工場の中で作業を行うロボット,ロボットを動かすために必要な電気を供給する電力システム,我々の生活に欠かせない存在になりつつあるインターネット… ありとあらゆるものは「システム」として存在しているのです。 みなさんのいる「大学」も,学生,教員,事務職員,講義・研究活動を行うための土地や建物などからなるシステムとしてとらえることができます。

このように,システムは我々の生活環境の中に溢れています。

電気制御システムコースでは,ありとあらゆるシステムをより高機能に,より効率的に,より快適にするために必要な,普遍的な知識・技術を修得することができます。 当然,その知識・技術は世界中に溢れているシステム全般に適用することができます。

さあ,我々と一緒に,未来を創りましょう!