コース分属について

電気制御システムコースの分属についてです。

コース分属の方法は平成22年度以前入学者と平成23年度以降入学者で大きく異なります.ここでは2つに分けて説明します.

平成22年度以前入学者の場合

情報エレクトロニクス学科6コースからの選択

平成22年度以前の入学者の場合,入学時に情報エレクトロニクス学科(定員180名)を志願して合格をしています.入学後の1年半は共通教育ならびに情報エレクトロニクス学科の基礎的専門科目を学びます.その後,2年生第二学期開始前により具体的な専門分野を勉強するためにコース分属が行われます.

コース分属に先立って,情報エレクトロニクス学科の6コースによるコース紹介が分属ガイダンスに併せて行われます.各コースにはそれぞれ定員が定められていますが,希望者の数によって各コースへの配属者数はコース定員に対して多少増減することがあります.

コースへの志望者がコース定員を大きく上回り,志望者全員をそのコースに分属できない場合には,成績点に基づいた選抜が行われます.選抜から外れた学生は第二志望以下のコースに分属されることになります.

なお,コース分属の対象となるためには2年生一学期終了時における取得単位数の要件があります.要件を満たさない場合にはコース分属されません.コース分属に関する詳しい内容は工学部学生便覧(冊子体)を参照してください.

平成23年度以降入学者の場合

総合入試合格者:理系学部の学科/専攻/コース群からの選択

平成23年度より実施された総合入試制度により,コースへの分属(移行)の方式は大きく変わります.コースへの分属(移行)の時期は1年から2年に進級する時になります.

総合入試(入試前期日程)での合格者は理系学部に属するコース(あるいは学科/専攻)群の幅広い選択肢の中からの選択となります.1年生の間に自分の進路についてよく考え,積極的に説明会に参加したり情報収集をして移行希望を決めましょう.

学部別入試合格者:情報エレクトロニクス学科のコース群からの選択

学部別入試(入試後期日程)の情報エレクトロニクス学科合格者は,原則として学科を構成するコースからの選択となります.移行(分属)の時期は総合入試合格者と同一です.1年生のうちから情報エレクトロニクス学科の教育・研究内容に関心を持って,よく調べて志望に臨みましょう.